ツチノコの寝床

近々親戚の結婚式があるので、電報を贈りました。

   

近々親戚の結婚式があります。
けれども私は病院の先生から「絶対安静」という指示が出ているので、行くことができません。

何かあったときに困るのは主催者側ですものね。
おめでたいことで行くことが出来ないのは辛いですが、電報を贈ることでそこに気持ちを込めたのでいいかな、と思います。
ですので今回は主人と長男だけ出席することになりました。

長男はまだ小さいので心配ですが自分でご飯も食べられるしある程度きちんとしていられるので大丈夫かと思います。
不安もありますがあまり心配しないようにします。
場所も家から遠いので、行く道中から心配し出すときりがないですものね。
大丈夫、と念じておきます。

今回私が電報を贈るのに利用したサイトには、いろいろな電報がありました。
その中で一番ピン!と来たものにしようと思っていろいろ見ていましたが、新郎新婦に一番似合いそうだな、と思う置物と一緒に届くものに決めました。
そしてバルーンもつくそうで、豪華になるようです。

私は今働いていないので、あまり大きいお金は出せませんが、気持ちを贈ろうと思ってそれに決めました。
下からLEDライトをかざすとその置物が光るようでそちらはオプションだったのですがつけてるのを忘れれしまいました。
私自身の結婚式の時も、招待できなかった知り合いから電報をいただきました。

聞いていなかったので、式の最中に電報を読んでいただいて、その時はとても嬉しかったことを覚えています。
今でも思い出すと涙が溢れてしまいます。
それだけ満足できた結婚式だったので、そう感じるのだと思います。
今回の親戚の結婚式でも私が贈った電報が読まれる時があるのかな、と思うととても恥ずかしいですが、お二人の幸せな門出をお祝いしたいと思っています。

結婚式って幸せを分けてもらえるからいいですよね。
お葬式は多いけれど、結婚式に招待されることが増えるといな、なんて感じている今日この頃です。
ちなみに親戚は和装もするようです。
私はしなかったので楽しみです。

 - 未分類